【目黒区】熊本元祖!玉名ラーメン「くまめん」が6月1日(土)オープン、中目黒にある「呑処 酒申刻」内です

玉名ラーメン「くまめん」

プレスリリースより

吉野家HDグループの「シェアレストラン」を活用し、熊本の玉名ラーメンが食べられる「くまめん」が中目黒に2024年6月1日(土)にオープンしました。

場所は中目黒の目黒銀座商店街の中、「呑処 酒申刻」内です。店主の中川さんは長年、熊本県玉名市でラーメン店を営みつつ、「玉名ラーメン」普及にも取り組んで来た方。

同級生が六本木でやっていたラーメン店を閉店する際、「居ぬきでラーメン店をやらないか」と誘いを受けて東京へ進出。そこを足掛かりに全国へ「玉名ラーメン」を広げていきたいと決意したそうです。

玉名ラーメン「くまめん」を中目黒にオープン

プレスリリースより

2022年7月に六本木店をオープンし、神田・汐留にも出店。さらなる拡大を目指し、中目黒で間借り営業をスタートさせた、というわけです。

熊本グルメの代表格、とんこつ香る熊本ラーメンは玉名市がそのルーツ!?

JR玉名駅前にあった中華料理店がルーツ

プレスリリースより

熊本ラーメンのルーツは「玉名ラーメン」である、というわれているそうです。「玉名ラーメン」は豚骨のみを使用した濃厚なスープと中細麺、焦がしにんにくチップが特徴。

そのきっかけとなったのが、旧・国鉄高瀬駅前(現在のJR玉名駅)周辺にあった1軒の中華そば屋「三九」です。「三九」は久留米で繁盛していた屋台ラーメン店。

その味に惚れ込んだ知人からの熱心な誘いでお店をオープン。たちまち人気店となりました。「三九」のラーメンに感動した熊本市内の青年3人が、「こむらさき」「味千」「松葉軒」をそれぞれ立ち上げたのが熊本ラーメンの始まりとされているそうです。

玉名市内では現在、約16店舗のラーメン専門店がしのぎを削る、ハイレベルな“熊本ラーメン”の街となっています(参照元:玉名市ホームページより)。

熊本の玉名ラーメン普及を目指す「くまめん」

全国展開・海外進出も視野にいれた「くまもん」

プレスリリースより

「玉名ラーメン」の知名度をさらにアップさせ、全国展開はもとより、海外へも店舗拡大を目指しているという店主の中川さん。

「くまめん」の玉名ラーメン

プレスリリースより

「くまめん」は豚のゲンコツを超強火で短時間で炊き上げた、濃厚で深みのある豚骨スープが特徴。豚骨の旨みが凝縮され、中細麺との相性も最高です。

提供される際「焦がしニンニク、入れますか?」と聞かれたら、迷わず「はい」と答えて欲しいとのこと。生ニンニクとは異なり、香ばしく匂いも軽やかで、クセになる味わいです。

「くまめん 中目黒店」のメニュー

プレスリリースより

営業時間はランチタイムの11時30分~14時30分まで。定休日は月曜日となります。

本場の味を中目黒でぜひ!

くまめん 中目黒はクセになる1杯

プレスリリースより

↓「くまめん 中目黒店」の場所は「呑処 酒申刻」内になります。

プレスリリース

2024/06/12 08:11 2024/06/12 08:11
Chikuwa

号外NETの広告出稿はこちら

号外NETメルマガ

号外netは持続可能な開発目標(SDGs)を支援します

号外netへの提供提供求む!

号外net 全国で地域ライター募集